播州織ストール -fabori- | Textilenet-Looper

1/7

播州織ストール -fabori-

¥ 7,700 tax included

*This item will be delivered on 8/5(Thu) at the earliest.

Shipping fee is not included. More information.

”100/1(ヒャクタン)”と呼ばれる100番手の極細の綿糸を使用しています。通常の糸の半分以下の細さで、とても軽く滑らかな肌ざわりとなっています。タテ糸とヨコ糸の密度に工夫をこらし、軽さはそのまま、さらに扱いやすい仕上がりとなっています。

Add to Like via app

color&size

<全6色>
■17100101/パネル ネイビー×イエロー
■17100202/パネルパープル
■17100301/パネル ブラウン×ベージュ
■17100302/パネル パープル×グレー
■18010302/イエロー パネルグラデーション
■18010301/夕焼け

<サイズ>

幅80×長さ180(cm)

faboriについて

“お気に入りの1枚を”
たくさんの色柄のなかから、お気に入りの1枚を選ぶ楽しさを感じてほしい
そんな思いから英語のお気に入り(favorite)・織物(fabric)・日本語の織り(ori)を組み合わせて“fabori”と名付けました。
faboriのストールは、播州織の特色である先染め織物ならではの豊かな色彩とやわらかな風合いが特徴です。産地に根付いた生地メーカーだからこそ出来る、生産工程の工夫と職人たちの協力によって多品種少生産を適正価格でお届け出来ます。

播州産地は兵庫県、西脇市近隣で構成される綿素材を中心とした「先染め」織物の産地です。「先染め」織物とは、先に糸を染めてから多彩な柄を織り上げる手法が特徴で、200年以上の歴史があり多くが国内のシャツ地として使われています。

播州織は産地全体で生地を作る工程が細かく分業化されています。
大量生産を効率的に行うためにできた仕組みで、次のような工程があります。

生産工程

・染色

最初に、播磨染工さんで糸を染めます。
先に糸を染めてから柄を織る「先染め」の手法が播州織の特徴で、タテ糸とヨコ糸の色が織り重なることで、見る角度によって微妙に変化する深い色味が生まれます。染料が芯まで均一に浸透するように柔らかく巻きなおす工程を経て釜で染めてゆきます。釜の中で精練・染色・洗い・色止め・オイリングなどが、全て職人のチェックを行われた上で進められてゆきます。数ある染料から最適な組み合わせを選び、ミリグラム単位で配合して色を作りあげます。

・整経

整経では糸の長さを測り、タテ糸を必要本数分に巻き直し、染まった色糸を順番に並べてゆきます。播州織を代表するチェックやストライプのタテ柄はこの段階で柄になります。播州織の価値を支える上で重要な工程で、正確性と根気が必要な作業です。faboriのストールは極端に大きく複雑な柄を作ることが多く、通常の生地作りとは異なります。多いもので約6000本ものタテ糸を繰り返しのない柄に一本の間違いも無く並べます。時には1週間近くかかり、その間の天候により変化する糸の水分量を考慮し、作業を進めています。

・サイジング

整経の次は、サイジングと呼ばれる工程で、タテ糸の毛羽立ちをおさえ、切れにくくするための糊をつけます。ビームと呼ばれる金属の棒に巻き取り、製織工程に入る前までの準備をします。糊の濃度や、プレスの圧力、糸の状態を手の感覚で感じながら細かく機械を調節します。複数の職人が息の合った流れるような美しい所作で糸を巻いてゆきます。製品になれば糊は落としてしまいますが、生地を美しく織り上げるために無くてはならない重要な工程です。

・製織

柄に並び補強されたタテ糸と、染色工場で染められたヨコ糸が織布工場にそろい、初めて生地を織ってゆきます。
経糸をいっぱいに巻いた数百キロにもなるビームを織機にのせる力仕事から、糸を一本ずつ結ぶ繊細な仕事まで、機屋の仕事は多岐にわたります。織布工場は家内工業が中心で、三角屋根の工場からは明け方から夜遅くまで生地を織るガチャンガチャンという織機の音が西脇近隣では聞こえてきます。

・森本織布
高速レピア織機を使い、厚地から薄地までなんでもこなす腕の良い機屋さん。常に蛍光色のTシャツを着て頭にはバンダナというスタイルで仕事をしています。極細の糸を織ることの出来る職人は産地でも少なく、『100/1ストール』はこの人の協力があったからこそ生まれました。

・畑明織布
50年以上のキャリアを持つベテランで、難しい生地を専門で織ってきた機屋さん。(冬場は猟師でもあります。)
シャトル織機を扱う機屋さんには、ストールのような薄地を織る仕事は引き受けてもらえないことが多い中、『シャトル織機製ストール』はこの人の協力があったからこそ生まれました。

・加工

織りあがったストールはあまりに薄く繊細なので、産地の加工場で機械を使った糊落としが出来ません。
自分達が1本1本手作業で洗い、検品をしてfaboriのストールが出来上がります。

注意事項

手仕事による製品のため、1枚1枚色やサイズに多少の違いが生じる場合がございます。素材の特性上、洗濯や着衣の際ボタンやネックレス、ファスナーなどへの引っ掛かりにご注意ください。

品質表示

綿100%

洗濯表示

30℃以下の水を使用し、必ずネットに入れて洗濯、もしくは手洗いをしてください。
漂白剤は使わないでください。
タンブル乾燥は使用せず、日陰で吊り干ししてください。
アイロンを使用される場合、150℃以下の温度でかけてください。

  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 7,700 tax included

旬のはなし特集

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品